読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

2014年からパパになりました。SEやってます。子育て記事を中心に、ダメなパパぶりを存分に発揮していきます。

悪いことが続いてネガティブな感情でいっぱいなので、少し吐き出します

スポンサーリンク

皆様、こんにちは。

どうも最近はネガティブなブログの内容が続きます。

私のブログは自分のストレス解消なども目的に含めているため、気が乗らないのに無理してテンション高くブログを書くってなかなか難しいんですよね。だからある意味でブログのテンションを見れば私のプライベートがうまくいっているのかどうなのかというのがわかったりします。

 

4月というのは会社で新しい年度の始まりということでバタバタする時期でもあるのですが、そんな中で少しずつ妻の仕事の負担が肉体的にも精神的にも増え、スタミナが切れかけています。

仕事から帰って家で聞く妻からの愚痴が苦痛で仕方ない - イケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

数日前にこんなエントリーを更新したのですが、家庭で決めた愚痴禁止のルールを破ってまで私に愚痴を言ってくる時点でもうかなり限界に達しているということです。

 

私は私でネットの海にそのストレスを吐き出しながら愚痴を聞いているのですが、本当に仕事の人間関係がうまくいっていないらしく、愚痴自体には苦痛を感じながら、会社での妻の扱いの酷さに怒りを感じて、頭の中がネガティブな感情でいっぱいになっています。

 

そんなタイミングで、今度は私の方が仕事で関わっているプロジェクトで大きな失敗。プロジェクトの管理者が要注意人物と言われていて、そこをカバーする役割で私がアサインされていたはずなのですが、その期待に応えることができませんでした。

周りにはお前は悪くないといってもらったのですが、関係しているプロジェクトにおいて100%自分が悪くないことってほとんどありません。あの時にこうしていればとか、自分じゃなくてあの人だったらきっとうまくやっていたとか、色んな感情が湧いてきます。管理者とも言った言わないの無駄な口論で感情的になってしまい反省中ですが、やっぱりそんな時は思うように仕事が進みません。

そうこうしているうちにお迎えの時間で早めに帰らなければならず、お迎えに行くとパパが来たといって泣き出す息子に苦笑いすらできずに、無表情のまま保育園を出て家へ帰りました。

 

育児休暇から復帰して1年、間違いなく今が自分にとってのターニングポイントになっています。私の失敗は数日したら気持ちの整理がつくのでよいですが、1番危ないのは妻の会社の人間関係です。単に仕事がいっぱいということであれば家のことを私が消化してなんとかすることができますが、会社の人間関係は私の力ではどうしようもありません。そして大抵の場合はそれが長い間継続します。

せっかく1年間仕事を頑張ってきてこれからという時に、この壁を乗り越えられるかどうかっていうのはとても重要です。長年妻をそばで見ていますが、今の状態を見ていると最悪の場合は仕事を辞めてもらうという選択肢もありえるかもしれません。

続けてもらうために色々自分が根回しするか、金銭的なメリットを全て捨てて勇気をもってストレスから解放させてあげるか、今はまだどちらがいいのか判断ができません。

 

もう少し冷静になって考えなきゃいけないですね。少しブログで文字に起こして落ち着いたので良かったです。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

んだば、まだ。