イケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

2014年からパパになりました。SEやってます。子育て記事を中心に、ダメなパパぶりを存分に発揮していきます。

【ダビマス】第1回公式BCが終了!振り返りとゲーム仕様の考察

ダビマス ゲーム

皆様、こんにちは。

ダービースタリオンマスターズの攻略記事です。

待ちに待った第1回公式BCが終了しました。ダビスタの醍醐味と言えばブリーダーズカップですね。かなりの盛り上がりで、個人的には最高のイベントだと思いました。

せっかくですので今回決勝のレースを振り返りながら個人的に感じたことを書いて行きたいと思います。

第1回公式BC結果

簡単にですが、第1回公式BCの結果をまずは貼っていきます。

出走表がこちらです。

ダビマス第1回公式BC出走表

さすがに印は分散してますね。パドックでは入れ込みの馬はおらず、決勝に相応しい舞台だったと思います。

そして早速ですが結果はこちら。

第1回公式BC結果

掲示板の乗った上位の着順は、

  • 1着:ホノボノヒメ(戸崎)4人気
  • 2着:ヒリヒリショット(内田)3人気
  • 3着:アキヤマユウコ(デムーロ)2人気
  • 4着:スカルヘッズ(川田)6人気
  • 5着:ドナルドユーカリ(ルメール)1人気

となりました!日本一の馬が確定した瞬間です。おめでとうございます。

レース展開と感想

個人的な感想ですが、特に最後の直線が迫力のある良いレースでした

1着のホノボノヒメは直線の仕掛けがやや遅かったものの、頭1つスピードが抜けていて追い込んでからぐんぐん加速してあっさりかわし、最後までそのリードを保って優勝しました。

2着3着ももう少しでしたが届かず。

やはり最重要は1番左の印ですかね。非常に楽しいレースが見れました。

考察

このレースからわかったこと、このゲームの課題部分などを色々と書いてみたいと思います。

逃げ1択

まず脚質について、逃げ以外は勝てないということは承知の通りです。ただこのゲーム性は昔から変わっていないのである意味ダビスタっぽいといえばダビスタっぽいのかもしれません。

1番人気の馬は先行だったので、逃げだったらどうなっていたかも少し見てみたかった気がします。

騎手の実力差

このゲームは前々から騎手の差が酷いと言われていて、特にデムーロとルメールを取れるかどうかで結果が大きく違ってきます。今回は戸崎、内田の1着,2着でしたが、特に下位の騎手に乗り変わってしまうと惨敗してしまうのは決勝でもその通りになったかと感じています。

この公式BC直後に修正はされていますが、特に出走表の印については馬の実力だけで表示してもよいのではないかと思います。現状では馬の実力+騎手補正で印が付いているので、実質どの馬がどの程度の実力があるか序列をつけることができません。

結果はともかく、内部パラメータの優劣を見られた方がゲームとしては面白いのではないかと個人的には感じました。せめてBCだけでも。

斤量の差

ネットでは特にこの仕様について様々な意見が飛び交っていました。というのも、決勝進出した馬の中で牡馬が1頭しかいないのです。つまり斤量の差が大きすぎるということ。これは絶対にバランス調整ミスでしょう。

現実の競馬では同じ斤量では牡馬の方が強いと言われています。その結果牡馬と牝馬の斤量差が発生しているわけですが、ゲーム内では斤量差によって牝馬の方が圧倒的に強くなっているという逆転現象が発生しています。

真偽は不明ですが、あるユーザーの検証では約10馬身程度の差が牝馬と牡馬であると言われていますので、今後修正もありえるレベルじゃないかと思います。ゲーム内で3歳の牝馬が宝塚記念を制しやすいのもこの影響が大きいでしょう。

そういう意味では唯一の牡馬で出場したスカルヘッズは実力的にかなり抜けているのかもしれませんね。

能力1点突破

散々批判してしまいましたが、これは良い点です。

どうやら優勝したホノボノヒメはスピスタのパラメータがADらしいとTwitterで本人より申告されています。ですので、必ずしもAAのようにスピードスタミナ両方のパラメータが高ければいいのではなく、Aで突き抜ければ優勝は可能ということです。これは夢があります。

そして3着のアキヤマユウコも本人によるとスピスタBAで、スピードがBであるとのことですからこれも驚きです。スピBであれだけ良い走りをするわけですから。そのあたりは馬体解析ではわからず、走らせてみて改めてわかるということなのでしょう。

決勝進出馬の配合

最後に決勝に進出した馬の配合を見てみます。まとめてどうぞ。

f:id:kanchi_guy_nice_guy:20170123210207j:plain

f:id:kanchi_guy_nice_guy:20170123210208j:plain

f:id:kanchi_guy_nice_guy:20170123210209j:plain

f:id:kanchi_guy_nice_guy:20170123210210j:plain

さすがにほとんどが自家製です。

ただその中で1番のサプライズはドゥラドリームの配合です。これは恐らくメゾンフォルティー×ドリームジャーニーにドゥラメンテを掛けたものだと思われます。まさかドリメゾの後の2代目配合で決勝に行ける馬が出るなんて……恐ろしい恐ろしい。

ドゥラとリオンディーズが複数頭あるので、このあたりは配合のヒントになるかもしれませんね。

まとめ

第1回公式BCが終わりました!これは定期的に開催して欲しいですね。

ちなみに言いたくないですが私は3回戦負けでした。全然ダメです。多分次回もダメだと思いますが外野からあれこれ楽しみたいと思います。

こちらのエントリーもどうぞ!

【ダビマス】放牧はスタミナ調教何回分なのかを検証

【ダビマス】勝負根性とスタミナが調教何回でどれだけ上がるか検証してみる

【ダビマス】BC上位馬の統計から見るオススメ配合

ダビマスカテゴリで色々検証してます!

ダビマス カテゴリーの記事一覧

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

んだば、まだ。