イケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

2014年からパパになりました。SEやってます。子育て記事を中心に、ダメなパパぶりを存分に発揮していきます。

【ダビマス】勝負根性とスタミナが調教何回でどれだけ上がるか検証してみる

ダビマス ゲーム

皆様、こんにちは。

ダービースタリオンマスターズの攻略記事です。

今回は調教の検証を行ってみました。

やってみた検証の詳細

検証概要

検証の内容は「勝負根性は併せ調教どのくらいで上がるのか?」というものです。ついでにスタミナの上がり方も調べています。レースを使わずに調教だけで上げてみました。

検証方法

まずモデルに使った馬はこちらです。

勝負根性調教モデル馬

根性がBで後は全てCですね。できればAがいいんでしょうけど、残念ながらそう簡単に作れませんのでご容赦ください。

検証のやり方は以下の順番でやります。

  1. 1歳9月に入厩
  2. 解析
  3. ダート併せ調教を4回実施
  4. 解析
  5. ダート併せ調教を4回実施
  6. 解析
  7. 以下根性がBになるまで繰り返し

併せ以外の調教は馬なり含め実施しないようにしました。

検証結果

では早速やってみた結果です。まずは入厩直後の解析結果は以下のようになりました。

入厩直後のステータス

EEDECですね。勝負根性の上限がBなだけあって、根性パラメータのみ最初からDでした。

ここからルールどおり調教を繰り返した結果、成長は以下のようになりました。

週(参考)併せ強めスピスタ根性気性体質
9月1週 0 0 E E D E C
10月1週 4 0 E E D E C
11月1週 8 0 E E C E C
12月1週 12 0 E E C E C
1月1週 16 0 E E C E C
2月1週 20 0 E D C D C
3月1週 24 0 E D C D C
5月1週 28 0 E D B D C
6月1週 28 4 E D B D C
6月4週 28 8 E C B D C

わかりやすいように、ひと月で併せ4本でやってみました。ただ、体重が減りすぎたので4月だけ全休にしました。

肝心の勝負根性ですが、まず8本時点でD→Cに上がっています。入厩時点でDなので、E→Dになるための本数は不明です。それからC→Bに上がるのは28本の調教が終わった時点でした。

せっかくなのでついでにスタミナの上がり具合も見てみることにしました。根性がBに達した後はダート強めを実施してスタミナがCになるまでやってみたところ、併せ28本+強め8本でD→Cに上がりましたE→Dへは20本時点で上がっています

気性も試しても良かったんですが、経験上気性をMAXにするのはかなり難易度が低いと思ったので省きました。

検証結果考察

勝負根性について

まず勝負根性についてわかったことは、以下です。

  • 勝負根性がBの下限に達するのは、この馬の場合併せ28本必要
  • 勝負根性がC→Bに上がるには20本±3本の併せが必要

まず1点目、この馬の場合と書きましたが、Bの中のどの位置に属してるかわからないので28本が参考値となります。また、Bの下限ですのでこれでMAXではありません。

2点目について、Cは8本目に、Bは28本目に確認できました。この場合単純な引き算だと20本ですが、最大値は5本目~28本目の23本、最小値は8本目~25本目の17本となります。

これだけだと断定できませんが、現時点ではキリがいいので20本と仮の結論を出しておきます

スタミナについて

ついでに測ったスタミナについてもわかったことを記載します。但し、前提として併せと強めの効果が同じであることが条件となります。歴代では同じだったと思うので合っているとは思いますが。

  • スタミナの初期値は0ではない
  • スタミナがD→Cに上がるには16本±3本の調教が必要
  • スタミナE→DよりD→Cの方が範囲が狭い

こちらもまずは1点目からですが、実はこの検証だけではわからないです。

【ダビマス】放牧はスタミナ調教何回分なのかを検証

以前やった放牧の効果の検証結果で、E→Dになるために24本かかったとあります。今回は20回で上がりましたので、スタミナの初期値は能力もしくは成長型によって異なるということがわかります。別にあまり意外な結果ではないとは思いますが。

それから2点目については勝負根性と同様です。仮の結論としてはD→Cを16本と置いておきます。

3点目は2点目と関連しますが、EからDになるまでとDからCになるまではEからDになるまでの方が能力幅があることがわかりました。ということは解析でEが出た場合は結構注意しないといけないということになりますね。

まとめ

ダート併せ調教を使って勝負根性とついでにスタミナについて調教本数の検証を行ってみました。詳しい部分は考察をご覧ください。

ざっくりとした調教の目安の参考にはなると思います。私も牧場のお金を無限に持っているわけではないので、こういった検証から結論を絞り込んでいって徐々に詳しい部分の検証ができればいいかなと思っています。

こちらのエントリーもどうぞ!

【ダビマス】完璧な配合トライプッシュ×アジュディケーティングの配合検証

【ダビマス】BCでの騎手の乗り替わり(菱田問題)を緩和する方法

【ダビマス】見事な配合(イーライザ×ストラヴィンスキー)×キングカメハメハの配合育成検証

ダビマスカテゴリで色々検証してます!

ダビマス カテゴリーの記事一覧

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

んだば、まだ。