読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

2014年からパパになりました。SEやってます。子育て記事を中心に、ダメなパパぶりを存分に発揮していきます。

保育園からの緊急連絡先はパパを最優先に設定した方が絶対にいい

スポンサーリンク

皆様、こんにちは。

今息子は保育園通いですが、保育園に通わせて仕事をしていると心配なのは、体調が悪くなった時の呼び出しです。呼び出しがあるとその日の仕事を切り上げてお迎えに行き、病院へ連れて行かなくてはなりません。

その呼び出しに対応するために予め保育園に伝えておかなければならない緊急連絡先ですが、1番優先順位として高く設定しているのはパパ、ママのどちらの電話番号でしょうか?

f:id:kanchi_guy_nice_guy:20161207173346j:plain:w600

パパの連絡先が1番!を推奨したい

恐らくですが、母親側の連絡先を1番に設定している人が多数なのではないかと思います。共働きするにあたってパパが仕事中心、ママが仕事そこそこ+子育てのようにある程度分業している家庭が多くいることが理由です。

ただ、私としては緊急連絡先の最優先はパパ側を推奨したいと考えています。パパの携帯電話の番号、もしくは職場の電話番号のようなイメージです。

ではその理由は何でしょうか?

パパの連絡先を1番にする理由

自分だけで病院に連れて行けるようになるため

まず私が理由として挙げたいのは、父親として子供の具合が悪くなった時にどの病院に連れて行けばよいかを把握し、今までにかかった病気や体調の変化などを正しく医者に伝えられるようになる必要があるから、ということです。

私がそうなのですが、普段からママに任せきりにしていると、どこの病院がかかりつけなのか、酷い時には診察券がどこにあるのかすらわかりません。以前家事育児タスク表でタスクの可視化をしてみた時にわかったのですが、子供が体調を崩した時のような不定期タスクは全てママ任せであり、このままではママの負担が減らないどころかいざという時に役に立たなくなります

家事育児100タスク表をやってみたら自分の無能さに愕然とした - イケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

緊急対応は両親とも動けるようにするため、というのが理由のひとつです。

ワークライフバランスを自分ごとと考えるため

よく男性の育児休暇や在宅勤務などの取得の割合が少ないことが話題になりますよね。これはもちろん企業側の責任というところも大きく関わっているのは当然なのですが、私はまず本人が取ろうとせずに諦めている、もしくは働いている方が楽だと思っているからということも影響していると思っています。

私は在宅勤務を申請していますが、私の周りで同じように申請している人はかなり少数です。会社として制度はありますので、案外最初から取る気がない人も多い印象です。

別に育児休暇や在宅勤務をしろと言うつもりはありません。きっと子供の具合が悪い時に早退することくらいはできると思いますので、そういう働き方で少しでもワークライフバランスを自分ごととして考えながら仕事に取り組むことも意味があると思ってこの理由を挙げました。

ママの「また私?」「どうせ私が……」を和らげるため

ぐだぐだ挙げましたけど、これが何よりも重要で1番言いたい理由です。

きっと保育園からの呼び出しがかかってきたママはこう思うはずです。ただでさえ時短や在宅などでセーブしている仕事で早退してしまったら仕事が進まないし、周りの人にも気まずい、と。

特に子供は体調を崩しやすいですから、呼び出しが連続すると毎回毎回ママに連絡が行き、そのうちに「なんで私ばかり対応しなきゃいけないのか」「どうせ私がやればいいんでしょ」というようにネガティブな気持ちが大きくなってしまいます。

パパがその部分を吸収してあげることで直接の体の負担だけではなく、精神的な負担もかなり軽減できると思いますので、これを1番重要な理由として挙げました。

大事なのは結果ではなく、過程

ここまで読んできっと思った人もいるでしょう。パパがそんなに仕事を都合よく切り上げられるわけない!確かにそのとおりだと思います。

別に私は必ずパパが仕事を切り上げられるとは思っていません。結果的に無理ならママに頼んで迎えに行ってもらうのも仕方のないことです。寧ろ、殆どがそのパターンでも良いと思っています。

大事なのは結果ではなく過程です。

つまり、保育園から直接ママへ迎えに来てくださいと伝わるのではなく、パパからママへ「申し訳ないけど迎えに行ってくれないか?」と伝えてあげるのが大きな精神面のサポートになる、というところが本質です。

結果としてママが迎えに行くのは同じです。違うのは保育園から言われるか、パパから伝えられるか。きっとパパから頼まれた方がママも自然に受け入れられると思いますし、頼むのを悪いと思ったパパが次回は自分が対応できるよう、仕事をコントロールするかもしれません。

いずれにせよ、パパを1番最初の連絡先とすることで、良いことがたくさんあるような気がしています。

まとめ

私はパパを1番の緊急連絡先に設定するのを提案します!ママの精神的な負担を軽くするだけでなく、家事育児を考えながら仕事をすることで、パパの家庭進出を促す効果もあるのではないでしょうか。

但し、この提案は緊急連絡先には必ず繋がるという前提のもとに成立するものです。世の中には様々な職種があり、それぞれ対応しやすい、しにくいなどの特性が異なるでしょうから、勿論その部分を考慮した上で決定する必要があります。このエントリーではその辺の事情は割愛しています。

ちなみに、緊急連絡先を職場の電話番号にした方が早退するための理由を受け入れられやすいらしいですね。私はプライベートの携帯にしていますが。

些細な決め事ですが、案外こういうところから夫婦間に亀裂が入ったりしますので是非考えてみてください。

関連エントリー

初めての保育園呼び出しは高熱ではなく下痢でした - イケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

最後までご覧いただきありがとうございます。

んだば、まだ。