イケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

2014年からパパになりました。SEやってます。子育て記事を中心に、ダメなパパぶりを存分に発揮していきます。

アメブロ、FC2からはてなブログへの引越しに、はてなダイアリーを経由する必要はありません!

IT

皆様、こんにちは。

今回のエントリーはかなり限定されたユーザー向けのものとなりますのでご了承ください。

 

アメブロまたはFC2からはてなブログへの引っ越し方法が人によってバラバラ

私自身以前アメブロからはてなブログへ移行をしたわけですけど、ありがたいことにインターネットでは詳細な手順を説明してくれた人がたくさんおりまして、特に問題なく移行ができました。

ただですね、実はこれ、人によって手順が様々だったりします。検索上位の方を中心に、ちょっとたくさんコール入りますがご了承ください。

 

アメブロ→はてな(ダイアリー経由手順)

まず、アメブロからはてなブログへ引っ越す手順について。

アメブロからはてなブログに引っ越す方法。 | [美容師]渡辺真一 恵比寿 代官山

アメブロからはてなブログへの引っ越し方法【画像で解説】 - 急がば 急いでまわれ!

【ブログ】アメブロからはてなブログに引越ししよう!【FC2】 - HMP2ブログ

ワケアリのためアメブロからはてなブログに引っ越してみた - 略してとりてみ

アメブロ⇒はてなブログへお引っ越し。3つの苦労した事と、はてなブログでオリジナル絵文字を使ってみよう。 - Leo-Roy's Diary

こちらのブログではアメブロ→FC2→はてなダイアリー→はてなブログの順番で引っ越しが可能とあります。

理由としては、FC2からはてなブログへ直接移行すると改行が消されてしまうから、とのことです。

 

アメブロ→はてな(ダイアリーを経由しない手順)

アメブロからはてなブログ。簡単なお引っ越し方法 - 新時代の女性の生き方・働き方をつくる。♡ 世界女性プロジェクト

アメブロからはてなブログへのお引越し。FC2を経由しました - deuxpoints’s diary

そしてこちらは、アメブロ→FC2→はてなブログの順番で、はてなダイアリーは経由しない手順となりますが、はてなダイアリーを経由しなくてもいい理由は特に言及されていません

 

FC2→はてな(ダイアリー経由手順)

FC2からはてなブログへ移行したい - テラシュールブログ

FC2ブログから、はてなブログへ簡単に移行する方法 その1 - とむむの日々

FC2からも以下同文

 

FC2→はてな(ダイアリーを経由しない手順)

FC2からはてなブログへのお引っ越し - Going My Way

こちらは経由しない手順

 

スポンサーリンク

 

結論:はてなダイアリーは経由する必要なし

書いた時期の関係もあると思いますが、結論から申し上げますとはてなダイアリーを経由して引っ越しをする必要はありません。無駄に手順が増えてしまうだけです。

その理由はこちらです。

staff.hatenablog.com

主にFC2ブログからの移転においてデータ形式の編集などのご面倒をおかけすることなく、すみやかにお引っ越しいただけるようになりました。

思いっきり開発ブログに書いてありました。そして2015年5月末ということはもう1年以上経過しているんですねこれ(このエントリーは2016年9月)。

ですのでよろしければ検索上位の皆様、書き換えるかリンクを貼るかでうまく誘導していただけると助かります

なぜこのエントリーを書いたかと言いますと、私も引っ越すときにダイアリーを経由して結構面倒だったからなんですよね。引っ越したのは2016年4月なので、実は経由する必要はなかったということになります。

 

一応、実際にやってみました

これで実際できなかったらとんでもないことなので、自分の環境でもやってみました。但しアメブロからFC2への移行については省略しますので知りたい方はリンクのどれかに飛ぶととても丁寧に解説してあります。ご参照ください。

 

FC2からエクスポート

まずFC2ブログの管理画面へログインします。

 

f:id:kanchi_guy_nice_guy:20160908150410j:plain

左側のメニューに「データバックアップ」がありますので、そこをクリック。

 

f:id:kanchi_guy_nice_guy:20160908150411j:plain

右側に出てくるメニューの全ての記事の「ダウンロード」ボタンをクリックします。そうするとエクスポートしたデータが出ます。

 

はてなブログへインポート

はてなブログにログインします。

 

f:id:kanchi_guy_nice_guy:20160908150414j:plain

左側のメニューの「インポート」をクリックします。

 

f:id:kanchi_guy_nice_guy:20160908150415j:plain

先ほどFC2でエクスポートしたファイルを選択して「文字コード選択へ進む」ボタンをクリック。

 

f:id:kanchi_guy_nice_guy:20160908150417j:plain

「インポート」ボタンで完了です。簡単ですね。

 

f:id:kanchi_guy_nice_guy:20160908150420j:plain

確認してみると、しっかり改行がされています。

 

画像の移行

こちらは最近実装された機能ですが、画像を移行することができますので、特に理由がない限りは実施した方がよいです。

はてなブログ公式の記事は以下を参照ください。

他のサービスからはてなブログに移転する際に、画像データも一緒に引っ越しできるようにしました。これまでのインポートにも有効です - はてなブログ開発ブログ

細かい操作については私のブログでも過去に書いていますのでそちらをご参照ください。簡単に移行できます。

はてなブログへ引っ越した場合の画像の移行についてまとめてみました - イケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

 

ダイアリー経由するかしないかの違い

はてなダイアリーを経由するのとしないのとどこが違うのか、私が気づいた範囲で記載します。漏れはあるかとは思いますがあまり気にする人もいないと思うのでご参考までに。

 

コメントが引き継がれるかどうか

はてなダイアリー経由だとコメントが消えてしまいますが、直接FC2からエクスポートしたものをインポートするとコメントは引き継がれていました。

 

URLの違い

はてなダイアリー経由だとentry以下のURLが「entry/yyyyMMdd/HHmmssSSS」の形式になっていますが、直接の場合は「entry/yyyy/MM/dd/HHmmss」になります。

たいした違いではないですね。

 

はてな記法モードか見たままモードか

多分これが一番インパクトが大きいはずです。

はてなダイアリー経由だと、はてな記法モード固定で尚且つ改行なしのHTMLの状態にて保存されます

 

f:id:kanchi_guy_nice_guy:20160908150422j:plain

これはもうメンテナンスの意欲が削がれること間違いなしです。私の場合もこうなってしまったので回避方法として、もう1回はてなブログ内でエクスポートした後にインポートしました。こうすることで見たままモードに戻すことができます。

ただこの方法もリスクがありますのでよく調べてからやってください。

MT形式のブログインポートに対応! はてな外のサービスから移行しやすくなりました - はてなブログ開発ブログ

 

一方でダイアリーを経由しなかった場合は直接見たままモード固定となります。

 

f:id:kanchi_guy_nice_guy:20160908150423j:plain

ここの違いは結構大きいと思います。

 

アメブロから直接移行できないの?

アメーバブログからは絶対にFC2を経由しなければならないのか?という疑問もあると思いますが、アメブロには公式でのエクスポート機能(バックアップ機能)がそもそも存在しません。

2016年8月時点での話ですが、運営に問い合わせたところエクスポートの機能はなく、その機能を実装しない理由は答えられないと回答をいただきました

まだ正直にユーザ流出を防ぎたいからって言ってもらった方が潔かったんですけど、「そんな機能はないし、理由も教えない」という態度だったのでちょっと残念でした。もう移動してきたからいいんですが。

 

まとめ

色々と詰め込みすぎた感がありますが、現在のところアメブロもしくはFC2からはてなブログへ引っ越しする際には「はてなダイアリーを経由する必要はない!」ということです。

もし関連エントリーを書いている方で修正する意欲がある方は直していただけると大変助かります。絶対に経由しない方が簡単に移行できますので。

あ、私のエントリーにリンクを貼るだけでもいいですよ(ちゃっかり)!

 

こんなのも書いています。

はてなブログの大見出しをh3からh2へ自動的に書き換えるカスタマイズ - イケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

1つの共通事象からはてなブログとアメブロの特徴、ユーザの違いを比較してみました - イケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

んだば、まだ。