読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

2014年からパパになりました。SEやってます。子育て記事を中心に、ダメなパパぶりを存分に発揮していきます。

とうとう保育園の送りで泣かなくなった息子

スポンサーリンク

皆様こんにちは。

4月中旬から慣らし保育を始めて2ヶ月弱が経ちましたが、とうとう息子を保育園に送って保育園でバイバイする時に、息子が泣かなくなりました!

正直いつまでも泣いている感覚でいたので若干拍子抜けしましたが、息子が送りで泣かなくなるまでの日々を振り返りたいと思います。

いじける様子

 

1,2日目 状況を把握していない期

1番最初の慣らし保育の時は、送りの時も何もよくわかっておらず、特に預ける瞬間も素直にそのまま保育士さんに預けられていました。

www.ikemenmusuko.net

この時点ではこれから毎朝預ける時に大泣きされることさえわかっていませんでした。

 

3日目~1週間ほど 外まで響き渡る泣き声期

状況を察し始めると、自分はここに預けられてパパとママはどこかに行ってしまうんだということが息子にわかり始めます。そうなってくると保育園に預けてその敷地から立ち去る途中まで、外に高々と息子の泣き声が響くくらい泣いていました

正直とても罪悪感な日々でした。

 

2週間目~2週間ほど リセット期

この時期は体調を崩したのとGWでの休みも重なり、全く保育園に行くことができなかった時期でした。恐らく息子本人は保育園という仕組みから解放され、また家族でずっと一緒にいられると思ったでしょう。

私からすると正直この2週間は今後のことを考えるとまた最初からやり直しになってしまうという予感がして一緒に過ごせることを素直には喜べませんでした。

 

1ヶ月目~2週間ほど 再び響き渡る泣き声期

やっぱりなのかなんなのか、久々に外にまで響き渡るような泣き声をあげるようになりました。これは前の継続なのか、それともすっかり忘れたのでまた最初からやり直しなのか。どっちが正しいかは未だにわかりません。

 

1ヶ月と3週目~1週間ほど もうすぐ止まりそう期

このくらいになってきて、徐々に預ける時の泣く時間が短くなってきました。もちろん預ける瞬間はめちゃくちゃ泣きますが、すぐお部屋に行って泣きやんだり、保育士さんに抱っこしてもらって泣きやんだり、徐々に泣く時間が一瞬になってきます。

ちなみに預ける時間がちょうど「ブンバ・ボーン」をテレビで放送している時間で、この時間は保育園のテレビがついているので、そのおかげもあったかと思います。

ありがとう、よしおにいさん。

 

そして約2ヶ月後 泣かなくなる

とうとうやってきたこの日。

保育園に預けるその瞬間も泣かずにスムーズに遊ぶお部屋に移動することができました。但しまだバイバイまではしてくれないようです。

最初この現象が起こった時は、息子が感情を無くしたのかと思うくらいびっくりしました(笑)

だって前日まで一瞬とは言えメチャクチャ泣いていたので。

なのでこの日に限ったもので次の日はまた違うんだろうなぁと思いましたが、やっぱり次の日も泣かない。ここでフィニッシュしてもよいと判断しました。

 

おまけ

パパとママの時間差も実は存在しています。朝の送りは基本私で、仕事などで都合がつかない場合はママが送っていくのですが、パパがフィニッシュした後も1週間くらいはママと離れる瞬間には泣いていたそうです。

やっぱりショック!

ただ、この現象も1週間くらいしたら収まり、ママが送りに行っても泣かないようになりました。

 

まとめ

パパとママの時間差がありましたが、保育園に預ける時に泣かなくなりました。

1つ問題があって、ここの保育園はこのエントリーを書いている時点であと1日で終わりです。認証保育園へ移ります。また新しい園でリセットされるのか、それともこの経験が活かされて泣かなくて済むのか。

非常に気になるところです。いよいよ来週からは新しい環境でのスタートとなります。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

んだば、まだ。

 

 

 

ブログサークル参加試行中

ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:今日の育児日記
ブロトピ:1歳児のブログ♪