イケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

2014年からパパになりました。SEやってます。子育て記事を中心に、ダメなパパぶりを存分に発揮していきます。

猫の給水器は水をガンガン飲んでくれるピュアクリスタルを長年愛用しています

皆様、こんにちは。

猫は水分補給が必須です。水分が足りなければ尿路結石などの病気の原因にもなりますので、猫にあげるお水は実は超重要だったりします。

ただ、水を定期的に変えてあげないと少しずつ劣化して飲んでくれなくなったり、逆に健康に悪くなってしまいますよね。仕事をしていると長時間家を空けたりするのでとても心配だったりします。

そこで我が家では長い間ピュアクリスタルという給水器を使用しています。私にとっては給水器といったらコレ!って感じですので、ピュアクリスタルについて紹介したいと思います。

ピュアクリスタルってこんなの

今回長く使って古くなったものを新しく取り替えたので、どんなものかというのを少し詳細に書いてみたいと思います。

 

先代ピュアクリスタル

こちらが今まで使っていたものですが、見た目はこんな感じです。電源を繋げると水が真ん中の穴から出てきて循環します。

直接は見えませんが、中に抗菌フィルターがあるので小さなゴミや菌を排除し、常においしい水を飲ませてあげることができるって感じです。

 

せっかくなので新しいものも部品から見てみましょう。

ピュアクリスタル箱

箱はこんな感じですね。容量は1.8リットルとのことです。

色は前回からちょっと変えてみました。限定デザインとのことですが、結構前からあるような気がします。

 

ピュアクリスタル中身

それぞれの部品はこのようになっています。そんなに組み立ては複雑ではありません。

 

フィルター

フィルターはこの部分に入れて使います。これに蓋をして電源を繋げば完成。

 

ピュアクリスタル完成

実際に水を流してみるとこんな感じ。写真で見ても流れてる雰囲気がわかると思います。

ピュアクリスタルの特長

もう使って何年も経ちますが、実際に使ってみて感じたこの商品のいいところを挙げていきます。

音が静か

こういった電源を繋ぐ製品は実際に繋いでみたら結構うるさくて後悔する可能性があります。見た目だけでは音はわかりませんからね。

でもこの商品は音がかなり静かです。

 

ただ、個体差もあるのかもしれませんが私が使っていたものは水が不足気味になると少し空回っているような音が出ました。ただそれによって水が足りないことがわかるので結果的に便利です(笑)

水が充分に足りていればほとんどサラサラと流れる水の音しかせず、全く気になりません。

ちなみに電気代の方はつけっぱなしで1ヶ月約58円とのことです。

飲みっぷりが半端無い

猫が飲んでくれるかどうか、ここが1番重要だと思いますが、本当に明らかにわかるほど以前より飲んでくれるようになりました。これはAmazonの口コミでも多数の方が同じようにたくさん飲んでくれると書かれています。

今回も変えた瞬間に待ってました!って感じで飲みにきました。

すぐ飲む

最初購入した時はあまりにもどんどん飲むのでびっくりしたくらいです。

フィルターが比較的安価

交換用のフィルターはもちろんずっとそのまま放置するわけにはいかないので維持費が心配になります。

だいたい通常のフィルターは3週間から1ヶ月くらいで交換するように案内されていますが、別売りの2個入りのフィルターは500円から1,000円程度で手に入ります

2ヶ月でこの程度であればコストとしては問題ないのではないでしょうか。

 

フィルターも通常のものと軟水化用のものがあり、スーパーやAmazonのセールの時期次第では軟水化用も通常と同じくらいの値段で買えたりします。

軟水化フィルターにしたら更に飲むようになったという口コミもありますので、値段が安いのはありがたいですね。

注意点

こんな感じでたくさん良い点があるのですが、少しだけ注意事項があります。

それは、本体も含めてこまめに洗った方がいいという点です。いくらフィルターで清潔に保たれているとはいえ、放置しているとカビが生えてしまいます。部品によっては洗いにくい部分もありますので、手間がかかります。

カビも見えない部分に生えてくるので、定期的に意識して洗浄するよう、注意が必要です。このあたりはずっと水を流しているので想像がつくというか、仕方ない部分だと思いますけどね。

 

あとは、猫によっては水の動きにびっくりして飲まないとか、暫く慣れるまでに日数がかかったなどのケースもあるようです。最初はある程度飲んでくれるようにサポートが必要かもしれません。

まとめ

最後に注意点を書きましたが、仕事で家を空けてしまう時間が多いため、そのデメリットを差し引いてもかなり重宝しています。絶対に手放せません。

毎日猫においしい水を飲んでもらいたいので、我が家では必須アイテムです。以前ノズル型のものも使ってみましたが、明らかに飲む量が違いましたので、給水にお悩みの方は是非使ってみてはいかがでしょうか。個人的にはかなりオススメします。

最後までご覧いただきありがとうございます。

んだば、まだ。

【WBC】WBCは渋谷でバカが騒がないくらいの人気がちょうどいい

野球

皆様、こんにちは。

WBCの全日程が終了しました。決勝戦はアメリカがプエルトリコをわずか3安打に抑えて圧勝。個人的には今後のWBCの存続を考えた場合にアメリカが勝つのが色々と合理的かなと思ったので、ちょうど良かったかもしれません。

 

日本は準決勝敗退しましたが見せ場がたくさんあり、千賀投手がベストナインに選出されるなど、比較的負けてもスッキリできた大会だったのではないかと思います。小久保監督、以下侍JAPANの皆さん、本当にお疲れ様でした。

ずっとWBCを見ていて思ったのは、やっぱり好きな人と無関心な人でかなり温度差があるなと。私はもの凄く楽しかったんですが、きっと興味がない人も多かったでしょう。

でも、私はそのくらいがちょうどいいのではないか、と思っています。その理由について少し触れていきます。

f:id:kanchi_guy_nice_guy:20170323181745j:plain

今回も賛否あったWBC

WBCでよく批判の対象となるのは以下の2点かと思います。

  • メジャーのスター選手が参加していない
  • 夢中になっているのは日本だけ

一言でいえば「日本以外本気じゃない」ってところでしょうか。メジャーリーガーの参加が多くなってきてはいるものの、怪我などのリスクから開幕直前に参加する負担が選手やチームにとって大きく、不参加を表明している選手も多くいたのは事実かと思います。

また、テレビ番組で直接批判した人もいましたね。

松本人志「WBC長い」発言に批判殺到! しかし「世界一のアノ人」も似たような発言をしていて...... | ギャンブルジャーナル | ビジネスジャーナル

「試合時間が長い」と。

後の番組に控えていた、プロレス総選挙がなかなか始まらなくてネット上で賛否が巻き起こったこともありました。

 

4年に1度ということでよく比較されるサッカーのW杯ですが、やはりWBCはまだまだ権威が低く、選手側も見る側も全力で夢中になっているところまではいっていないかもしれませんね。

個人的には超楽しみました

ここからは自分の意見ですが、今回のWBCはもの凄く面白く最初から最後まで見ていました。

批判を受けている「本気じゃない」という点については、メンバーのラインナップだけはそうかもしれませんが、出場している選手には当てはまりません。点が入った時の喜び方や選手同士のハイタッチを見ていてもそう感じます。

ですので、少なくとも真剣勝負なのは間違いない。真剣勝負は見ていて面白いので、例えベストメンバーでなくても私としては全然OKです。

 

私はNPB専門でMLBは全然知らないのですが、NPBで活躍している外国人と対戦するってのも非常に興味深かったです。日本でもバレンティンやデスパイネなんかと対戦しました。

バレンティンは日本戦でもホームランを打ちましたが、打ったあと守備に付くときに日本のファンに対してお茶目に謝ってましたからね。こんな場面はなかなか見られません。秋吉とのヤクルト対決なんかも国際試合ならではです。

 

ジャイアンツファンとしてはアメリカ戦の盗塁阻止の場面も素晴らしかったです。菅野→小林→坂本のジャイアンツホットラインが世界で活躍したわけですから、そりゃ嬉しいです。

とっても楽しませてもらって本当に満足しました。

でも人気は出なくてもいいかな

だからといって、どんどん人気が出てほしいかといわれると、なんとなくそれはもういいかなって思ったりするんですよね

チケットも定価で買えるくらいがいい

今回私は2試合東京ドームに見に行きました。

【WBC】日本3連勝!3/10日本vs中国を観戦してきました!

【WBC】日本5連勝!2次ラウンド3/14日本vsキューバ戦を観戦!

この時別に前もってチケットを買っておいて楽しみにしていたかというとそうではなくて、なんとなくふと見に行こうと思って試合の2、3日前にチケットを買って行ったんです。ちゃんと定価で買えましたし、2戦目はそのチケットで買える最前列で応援できました。

例えばこれが日本のオールスターとか日本シリーズなら簡単ではないんですよね。オークションや金券ショップで時には定価より高く買わないと手に入らなかったりするので。

WBCは元からチケットの値段が高いんですけど、人気が出ると転売したりして定価で買えなくなってしまうので、今くらいがちょうどいいかなと思ったりします。

W杯の渋谷みたいになるのが嫌だ

サッカーのワールドカップは私も家で熱中して見たりするのですが、1番嫌なのが渋谷でバカが集まってハイタッチすることです

WBCにはああいうバカ達の盛り上がりに使われて欲しくない。そうなるくらいなら人気が出なくてもいいかなと思っています。経営側から見たら、お金使ってくれればああいうのでもいいんでしょうけど。

だいたいあの渋谷のバカ達はそもそもサッカーファンではないはずです。ただ騒ぎたいだけ。でなければ負けた時にも大騒ぎしたりしませんよね。

 

今回のWBCでもホームランボールを捕った少年がTwitterで大炎上した事件がありました。あの炎上に加担した人の中には普段野球を見ない人もたくさんいたと思います。

WBCが既に国民的人気イベントだったらもっと炎上が過熱して大変なことになっていたかもしれません。

野球好きが熱中するイベントでいいじゃない

そう考えると、WBCはちょうど今くらいの、野球が好きな人と普段興味があるけどなかなか見る機会がない人が熱中するような温度感がちょうどいいんじゃないかなと思います。

視聴率でいえば20%~30%くらい。

 

興味がない人も含めて皆で見て盛り上がってくれれば楽しいことも多いかもしれませんが、その分弊害も多くなる気がしますので、4年後も今くらいの人気を維持してくれればいいなと思っています。

まとめ

あっという間に幕を閉じたWBC。権威がない大会だとか結構批判されていますが、日本では定着しているのではないでしょうか。

ただ、無理に人気取りに走って渋谷のバカ騒ぎのような事態を招くよりは、野球好きのためのイベントってことで次回以降も続いてくれればいいと思っています。現状維持で充分!

改めて選手の皆様お疲れ様でした。またペナントも東京ドームで応援する日を楽しみにしています。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

んだば、まだ。

わんずまざー保育園 園長小幡育子の運営方針とコメントが本当に最悪

時事 保育園

皆様、こんにちは。

保育園、幼稚園に通う子供を持つ家庭にとって大きなニュースとなった、兵庫県姫路市内の私立認定こども園「わんずまざー保育園」の問題。このニュースの第一報が出てから続々とブラックな情報が飛び出し、本当に怒りが湧いてきます。

それとともに、じゃあ自分が子供を預けるとなった時に悪意のある経営者であることを見抜けるかどうかといわれたら、絶対に見抜けるなんていえません。ということは、自分も被害者になっていた可能性があるし、これから転園などをした場合に被害者になることも考えられます。

そう考えるととても恐ろしいことです。

 

そしてこのニュースで1番腹が立つのがそのこども園の園長のやり方とコメントです。本当に最悪です。その部分についてフォーカスしながら、ニュースを振り返っていきたいと思います。

「わんずまざー保育園」のニュース概要

まず何が問題だったかを振り返ってみます。最初にニュースで出てきたのは、

  • 46人の定員を20人程度上回る園児を受け入れ
  • 保育士の人数を水増しして届け出
  • 70人近い園児に対して40人分の給食しか用意せず
  • 主食・主菜・汁などを一つの器に入れて0歳児に食べさせる
  • 前日までの余った給食を使い回す
  • 保育士を園長個人が別途運営するベビーシッターでも働かせる
  • 暖房も冷房も入れない

といったものでした。特に給食の画像に関しては、衝撃……

f:id:kanchi_guy_nice_guy:20170322200848j:plain

出典:母親悔しさ吐露「なんでこの子だけ体重増えないの」 給食のおかずスプーン1杯…こども園が定員超過隠し運営 (1/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK

こんなことが現実に起こっているなんて信じられません。

更にどんどん出てくる問題点。

  • 保育士が園の門を一分でも遅れて通ると罰金1万円
  • 時間外勤務手当は支給せず
  • 無断欠勤すればボランティア勤務7日間
  • 不正に入園料を徴収
  • 不正に給食費を徴収

ただでさえ保育士に散々働かせている中で罰則を設け、自分は不正なお金を徴収していたようです。

小幡育子園長の考え方の恐ろしさ

ここまででも充分最悪な気分なのですが、園長である小幡育子のコメントが本当に恐ろしいのです

認可外保育所だった時代の感覚で運営していた

まずこのコメント。恐ろしくないでしょうか!?認可外の時代の感覚でやってしまったというものです。

 

つまり「認可外だったらこんな感覚でも許されるという意識がある」ということ。

 

こんなものは認可だろうが認可外だろうが許されていいものではありません。当たり前のことです。

認可外であれば園児の給食を勝手に減らしてもいいのでしょうか?空調をつけなくてもいいのでしょうか!?保育士の待遇を悪くして、罰金を徴収していいのでしょうか。

そんなわけがありません。

それにもかかわらずこんなコメントが出るという時点で考え方が根本からおかしいといえます。もしかして他にもこういう感覚の人間が保育所を経営しているのかと思うとゾッとします。

困っている保護者を助けようと思った

そしてこのコメントです。子供を預ける場所がなくて困っている保護者を助けようと思った、というもの。

 

このコメントを見た時に本当に最悪の気分になりました。というのは、恐らく悪事がバレて追求された時にこういえばある程度言い訳として成立するだろう、とあらかじめ計画されたコメントであるからです。それ以外考えられません。

それぞれ行った行為は全て計画されていて金銭面でも自分の懐にお金をたくさん入れようとしているのが丸わかり。突発的でないことは、検査の時に隠蔽していたという経緯から明らかです。

ということは、悪いことをしている自覚があるということ。

ここで「保護者の感情を利用してしまって申し訳ない」だったらまだわかりますが「助けようと思った」とコメントしているところが考え方として終わっています。

この「助けようと思った」というコメントが逆に反省なんか全くしていないことを表しています。

 

ここまでしておいて、悪気がなかったことを主張しているんですから、マジで腹が立ちます。

色々な人の弱みにつけこむ気分の悪いニュース

ここ数年、保育士の給料が低いことや待機児童が多いことが社会問題となり、色々な人が解決に向けて動いています。

このニュースは、給料が低く生活が成り立たない保育士の弱みと、子供を預けられないと仕事に復帰することができないという保護者の弱みの両方を利用したものです。子供を預けられるとわかった時に両親はきっと凄く安心して感謝したと思います。それで預けた先がこんな場所だったら救われません。

そしてこの問題は発覚したからといって即解決できるものではありません。なぜなら70人近くの園児は簡単に転園することができないからです。そこまで解決できない限り問題は継続します。完全解決まではまだまだ時間がかかるでしょう。

 

これが認定こども園なんですから、怖いです。

暴力的な虐待などはないですが、人の弱みにつけこむ気分の悪いニュースです。

まとめ

「わんずまざー保育園」で起こった様々な問題を調べるにつれ、園長の小幡育子という人物のあまりの恐ろしい感覚、コメントに気分が悪くなりました。

保育園は数が少なくそれだけでも大変なのに、親はその質も見極めなければならず、こういった事件が起こってしまうとどうしたらいいかわからなくなります。そしてきっと見極められなかった自分を責めることになります。

こういう考えをもった経営者は絶対に許せません。もう2度とこういうニュースは見たくないですね。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

んだば、まだ。

スポンサーリンク

 

Googleのフレッドアップデートの対策として、AdSenseの削減を行ってみる

ブログ運営

皆様、こんにちは。

2017年の3月8日に世界中のWebサイトにてGoogleの順位が大きく変動するということがあり、後日判明したところによると、Googleにより「フレッドアップデート」と呼ばれるアルゴリズムのアップデートが行われたそうです

私と同じようにブログを書いている方ならもしかしたら既にご存知の情報かと思われます。

最近ちょうどその時期あたりから私のブログでもアクセス数が寂しい感じになっていたりしたので、少し対策を入れてみました。今回はそのあたりのことについて書いてみたいと思います。

フレッドアップデートの内容

まず実際にどういったアルゴリズム変更の内容なのか、そのあたりについて少し触れたいと思います。様々な方が考察されていますが、最初に述べなければならないのは確実な情報は不明であるということです。

ですので、結局は状況から考える予測ということになります。ここがまず前提です。

 

その上で内容に触れられている記事を色々見ていますと、だいたい皆さんが共通して述べているのは「過度なアドセンス広告の貼り付け記事へのペナルティである」ということです。

いくつか引用させていただきます。

米SEOメディア(サーチエンジンラウンドテーブル)では、この変動で大きな影響を受けたサイトを分析し、傾向として下記の二点が見られた、と発表しました。

  • 大量のコンテンツを掲載している ※ブログ・HPなど形態は問わず
  • プレイスメント広告(AdSenseなど)が過度に掲載されている

とくに今回のアップデートで大きく順位が落ちたサイトに限って言えば、そのうち95%が上記の2つの条件にあてはまり、いずれも「ユーザーのため」ではなく「広告収入のため」に運営されているように見える、とのことです。

出典:【速報】新たなアルゴ更新「フレッドアップデート」、内容あきらかに

このあたりはモロにその記述ですね。

はてなブログで言及されていた方のエントリーではこんな感じで述べられています。

アップデートの大きな意図、様々な文脈から把握しました。このアップデートによってなぜ多くのブロガーやアフィエイターが運営するサイトのSEO順位が落ちたのか?僕が出した結論を一言で言うと、このアプデはゼニの匂いがプンプンするサイトの排除です(おそらく)

出典:Google様のフレッドアップデートによって「ブログ」は終わる - オモロク

続きが気になる方は覗いていただければいいと思いますが、先の引用と大枠としての内容は変わらないと思います。

ユーザーとメディア側の意識の違い。これがユーザビリティへの意識の相違を生み、資本主義に走りすぎた「SEO対策」にメスを入れたのが「フレッドアップデート」だといえます。

(中略)

そのため、「重複コンテンツが多いサイト」=「低品質なサイト」とみなされ、キュレーションメディアと同様に“飛ばされた”ウェブサイトは数多く存在します。

(中略)

つまり、ネット上にはターゲットをF1層~F2層の女性をターゲットとしたメディアが急増し、「似たような記事」がネット上に蔓延しました。

これはつまるところ、「独自性がない」と判断されているわけです。

出典:独自意見!フレッドアップデートによる大変動の対策 | WATAKO LTD.

少し見方を変えた意見はこちら。重複が多かったり、お金を落としてくれる層に似たような記事を連発しているサイトを下げた、というのが述べられています。

 

結局推測の域は出ませんが、個人ブログで稼ぎを得ている人にとってはマイナスな情報が多い、といったところでしょうか。

このブログの状況

では実際に私のブログはアクセス数がどうなったかについて軽く触れておきます。下の画像は2017年3月のアクセス数です。

3月のアクセス数

私のブログは少なくともここ数ヶ月はバズもなく穏やかなアクセスの波で推移していますが、3月上旬ごろから少しずつアクセスは減ってきています。そして3月18日には2017年のデイリー単位で最低を記録しました

だいたい平均でいうと2割程度の落ち込みです。ちなみに同じようにブログのアクセス減が多数報告された2月時点ではアクセスは落ちていませんでした。

 

ただ、これが必ずしも今回のフレッドアップデートによるものかどうかは全くわかりません。GRCで検索順位も一応チェックしていますが、あまり落ちた様子はないので単純に狙った検索ワードの旬が過ぎているだけの可能性もあります。

というか、私はそう思ってます。

でも一応、対策として広告配置を見直しました

とはいえ、広告過多のサイトへのペナルティの側面も報告されているということで、切り分けの意味合いも含め、一旦広告の数や配置を見直すことにしました

具体的には記事の上部と記事中のアドセンスを削っています

 

特に記事中のアドセンス配置は他の方も散々読者にとって優しくないといわれていますよね。私のブログは基本自分ファースト、読者セカンドのブログなのであまり気にしていませんでしたが、これをきっかけとして少し読者ファーストな設計にしてみることにしました。

というのも、そもそもこのブログって元々アドセンスの収益がめっちゃ少ないんですよね。ぶっちゃけPVあたりの収益は0.1円割ってますから(笑)そんなので無駄にヘイト溜められたら割に合わないので、取っ払ってもまぁいいかって感じです。

一部収益目当てのエントリーには手動でアドセンスを貼っていて、それはいじらないですが、自動で貼っていたものについては暫く控えることにしました。

 

これでアクセスの様子を見て、自分なりに今回のアップデートの影響を考察してみようと思います。

まとめ

3月上旬に行われたフレッドアップデートの時期とブログのアクセスが落ち込んだ時期が重なったので、自分なりにフレッドアップデートについて調査し、影響がありそうなアドセンス広告の除去を行ってみました。

これで暫くして、アクセスも戻ったし、広告収入もそんなに落ちなかったよー!なんて報告できたら理想的なんですが……現実はそう甘くないでしょうね。

ともあれ、切り分けはできるかと思いますので、ひとまずやってみます。

 

ちなみにどんなアップデートがされてもブログの内容は変わらず、自分が好きなこと、読んで役に立つこと、面白そうなことなど、SEOに振り回されすぎずに書いていくだけです。

また少しずつアクセスが戻るよう、コツコツ頑張ります。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

んだば、まだ。

幼児との食事は「早く食わせろ!」→「あつい!」のリアクション芸との戦いである

2歳 子育て

皆様、こんにちは。

普通、料理といったら熱々の出来立てが美味しいのが当たり前だと思います。恐らく外食する際にどこのお店に行っても特殊な事情を除けば出来立てのものが出てきます。

但し、1歳や2歳の子供を持つ家庭ではその当たり前が全然通用しないのではないでしょうか。少なくとも我が家ではそうです。

f:id:kanchi_guy_nice_guy:20170320200313j:plain

幼児は猫舌である

これもまた当たり前の話ですが、小さい子供って熱いのが苦手だと思うんです。

熱々のご飯だったり焼きたてのパンだったり、出来たタイミングで持っていくと熱くて食べられないことがありますよね。

そんな時は親がフーフーしてあげるのがよくある光景ではないでしょうか。

幼児は大袈裟である

そして小さい子は何に対してもオーバーリアクションです。そのリアクションは料理が熱かった時も同様です。

ただ、バリエーションは少ないので大抵「あついー!」なんて叫んで泣き出すくらいしかありませんけどね。たまにそんなに熱くない時も思い込みでこれをやらかしたりします。

多分大人の言葉に直すと、

 

「こんな熱いもん食えるわけねぇだろこの野郎!」

 

って感じです。メッチャキレます。だいたい毎回同じ。

この辺のリアクションは出川かダチョウ倶楽部並に大袈裟で定番、お決まりのパターンです。

幼児は我慢ができない

これが肝心。幼児は猫舌なんだからフーフーして冷ましてあげればいいじゃんって思うでしょうけど、我が家の息子は出された食べ物を発見したらすぐにでも食べたいんです。我慢ができない。

フーフーしている間、食べられないなんてなんてことだ!目の前にご馳走があるのに食べさせないなんて極悪非道なやつだ!と、これまた泣き叫びます。

見つけてしまったら猪突猛進、一直線。料理に意識が向いたらもう食べなければ気が済みません。

これが熱さとコンボになると強力です。

 

「早くよこせ早く!そうそうそれでいい……ってかあっつ!あちーよ!何しやがるんだバカ野郎この野郎!」

 

とこんな感じのやりとりになります。2歳がこう言っているように聞こえます。いや、だから熱いって言ったよね?とか言いたくなります。

料理を出すタイミング、難しくない?

最近自分もたまに料理をするようになって思いましたが、幼児のいる家庭で料理を作って出すタイミングって結構めんどくさくないですか?

普通だったら作ってアツアツの料理を出して冷ましながら食べればいいのに、それが通用しないんですもん。

ちょっと調べてみると、2歳後半から3歳くらいになれば自分でフーフーして食べるみたいなので、そこまで成長すればいいのかもしれませんけどね。

熱いと怒られるし、冷ましている間食べられないと怒られるから、見つからないように予め冷ましてご提供しなければご満足していただけません。逆に完全に冷めちゃうと大人が満足しないんですけどね(笑)

麺類とかすぐ出すと熱いし、暫く経つと伸びちゃうし、難易度凄く高いっす。

 

外食なんか行くとお子様用メニュー以外だと大抵アツアツで提供されますから、注文する時に「2分くらい放っておいてから出してください」ってたまに言いたくなることがあります。言わないけど。

 

やっと最近自分でフーフーできるようになってきましたが、料理を出すタイミングって面倒だったなぁと思い返しています。

まとめ

大人にはアツアツで提供すると喜ばれるものですが、これが幼児相手になると、熱いと怒る、早く食べられないと怒る、といった感じで、料理の中身だけでなく提供タイミングまで調整しなければならなかったことを思い出しました。

それもそろそろ卒業してくれるかなぁという期待を込めています。

ちなみに、あまりフーフーのアシストをしすぎると子供が猫舌になってしまう原因にもなるみたいですね。これもまた面倒くさい。

これからも料理を作る時は息子には怒られないように提供したいと思います。まぁ、そんなに手際よくないですけどね。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

んだば、まだ。