イケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

2014年からパパになりました。SEやってます。子育て記事を中心に、ダメなパパぶりを存分に発揮していきます。

安く社会の監視から逃れられる「ちょい乗り」タクシーは子育て世代と相性が良い

子育て

皆様、こんにちは。

東京都心部で1月30日からタクシー料金の初乗りが730円から410円に値下げされましたが、東京都の皆さんは既に料金改定後に利用されましたでしょうか。

私は既に何度か利用させてもらいましたが、主に子育ての観点からこのタクシー料金の値下げについて感想を書いていきます。

ちょい乗りタクシー料金おさらい

まず軽く振り返りです。

今までのタクシー料金の初乗りは2キロメートルで730円でしたが、現在は1.059キロで410円となっています。初乗り後、237メートルごとに80円加算され、だいたい2キロの地点で以前の初乗りの730円になります。

ですので、今までの料金と比較すると2キロ以内であれば明らかに得になるということですね。その後の細かい計算については申し訳ないですが他サイトに譲ります。

ポイントは初乗りの1キロ!

ここで私がポイントだと思うのは、2キロ以内というよりは初乗りの1キロだと思っています。

というのも、都バスの運賃が今210円(ICなら206円)で、2人で乗る場合はほぼ同料金となるからです。子育て視点で考えた場合、両親+子供の編成であれば1キロ以内はタクシーもバスも変わらないということになります。

だいたい1キロという距離は都心ではだいたいバス停で2つから3つ分、歩くと15分くらいでしょうか。

 

恐らく子供がいなければ普通に歩く距離だとは思うのですが、子供を連れていた場合には少し事情が変わってきます。

f:id:kanchi_guy_nice_guy:20170224203007j:plain

実際に使ってみた感想

先ほど徒歩15分という目安を書きましたが、子連れの徒歩15分って結構きついです。特におでかけした後の帰りだったり、買い物をした後の帰りだったり、荷物が多かったり疲労がある時に更に子供が歩かなかったり機嫌が悪かったりすると歩いて帰る気がなくなります。

今までそういう時はバスに乗って帰っていたんですが、今回タクシーを使ってみて、1キロ区間もしくはもう少し距離が長くても、バスより絶対タクシーの方がいいなと感じました。

 

やっぱりバスだと当然ながらバス停からバス停間の移動ですけど、タクシーならその場から家の前まで使えますしね。それからベビーカーなども周りの目を気にすることなく乗せられますし(トランクに入れますけど)、何より子供が騒いでも大丈夫というのが心理的にかなり大きいです。

今の時代、ベビーカーも子供の態度も常に周りから監視されて何かあればすぐネットで拡散されてしまうようになりましたし、そうなった場合にバッシング対象になって苦労するのはまた別の子育て世代の人ですからね。

そこを気にしながらバスや電車に乗ることを考えると、この初乗り410円というのは使ってみてとても快適で、何度か利用させてもらっています。正直1.5キロくらい乗っても600円前後で済むので、その場合は今までと比較して100円程度の差ですがアリです。

あとは「近距離なのに悪いのでは?」という気持ち

今までタクシーに近い距離で乗る時にはよく「近くて申し訳ないですが」というような枕詞をよく使っていました。実際この初乗りの値下げも長距離で利用すると値上げであり、本来であれば長距離利用の方をタクシー業界は利用して欲しいはずです。

どこかのニュースで、近距離の利用をあまり好ましくないと思っているドライバーさんのお話も聞きましたし、料金改定後の「ちょい乗り」について大々的にプロモーションなどをかけていない点を考えると、やっぱり利用するのは悪いかなと思ってしまいます。

 

この辺りの抵抗はもう少し慣れが必要かなと感じています。

まとめ

タクシー初乗り料金改定後のちょい乗りについて、何度か利用してかなり快適だと思いました。特に色々と監視されている時代背景からも、子育て世代がちょっとした移動に使うのに適しているのではないでしょうか。

我が家の場合は子供がタクシー好きですし、これからも頻繁に利用させてもらおうかなと思っています。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

んだば、まだ。

ヒゲ脱毛に挑戦中!施術の流れは?痛みは?体験した感想を書いていく

脱毛

皆様、こんにちは。

突然ですが、現在私はヒゲ脱毛に挑戦中です。私はそこまで髭が濃いわけではないのですが、朝の髭剃りの時間の煩わしさと髭に似合う顔になることが一生ないだろうということを考慮して、思い切ってヒゲ脱毛をしてみることにしました

脱毛の種類は医療レーザー脱毛で、脱毛クリニックはメジャーなお店というよりはとりあえず地元から近くて安めのところをチョイスしています。

全部で少なくとも5回以上は通う予定になっていますが、このエントリー執筆時点で2回終えていますので、施術の流れや痛みなど、個人的に体験した部分で語れるところを書いていきたいと思います。

クリニックによって違いがあるかもしれませんが、一例ということでご了承ください。

f:id:kanchi_guy_nice_guy:20170223204116j:plain

施術の流れ

ではまず脱毛するとなった時の施術は具体的にどんなことをされるのか、内容について順を追って書いていきます。

カウンセリング

最初は医師とカウンセリングを行います。正直私は全く事前知識がなかったのでコースから注意点まで疑問に思ったことを何でも相談しました。

ここでお肌のチェックから始まり、どの部分の脱毛をするのか、最初の日程はいつにするのかを決めます。私が行ったところはひげ脱毛の場合、頬、口周り、あごなどの部分的なものから、顔全体など選べるようになっていました。

洗顔

日程を決めて次に来院した時はいよいよ施術の中身に入ります。

基本的に家でも洗顔しているとは思いますが、改めて洗顔します。私の場合は洗いますか?と聞かれましたがせっかくなので洗っておきました。

剃り残しの処理

こちらも基本は自宅で済ませておくべきことですけど、剃り残しがある場合は処理をしてもらいます。

目や脱毛しない部分の保護

洗顔や残毛処理などの下準備が終わったら、目を保護し、眉毛など脱毛しない部分も同じように保護していきます。

ここから暫くは目が見えません。

冷たいジェルを塗る

次は恐ろしく冷たいジェルを塗ります。かなりたっぷり目に塗りますが、これは肌を守るためとレーザー照射の痛みを和らげるためとのことです。

照射

ここまできたら実際にレーザーを当てて脱毛をしていきます。

ジェルの拭き取り

照射が終わったら後処理に入ります。ここで照射前に塗ったジェルを適当に拭き取ります。

洗顔

残ったジェルを綺麗に洗顔で落とします。

顔を冷やす

その後は、冷やしタオルなどで暫くの間顔を冷やします。冷たいジェルよりは全然冷たくありません。

炎症を抑える薬を塗る

最後に炎症を抑える薬を顔全体に塗ってもらって終わりです。

洗顔から始まって薬を塗って終わりまで、待ち時間もあったりしますがだいたい30分程度で完了しました

 

1度施術をした後は2ヶ月ほど時間を置いて照射して、というのを繰り返していきます。

実際やってみて痛みはどうか?

それではここからはやってみた感想です。まずは皆さん気になるであろう痛みに関して。

 

これははっきり言ってメッチャ痛いです!クソ痛い。

 

どうやらクリニックのWebサイトなんかでは「ゴムではじいたくらいの痛さ」と表現しているところが多いみたいですが、ゴムというよりは針で刺されているくらい痛いです

私は昔ピンセットで髭を抜いていた時期があったのですが、鼻の下の髭をピンセットでぶちっと思いっきり(やさしくではなく)抜いた時くらいの痛みかなと思いました。

但し、痛い部分と痛くない部分があり、一番痛いのが鼻の下、次にあごで、耐え難い痛みはこの2箇所くらいです。

一応痛みの強弱は多少変えられるようで、最初の施術の時に「もうちょっと弱くしてください」と言って少し弱くしてもらいました。お願いしすぎて最弱になってたみたいですが。

看護師さんに聞いたところ、照射ごとに痛くて声が出る人も普通にいるみたいですね。私は声は出ませんでしたが体が多少反応してしまうくらい痛い部分は痛かったです。

個人差はかなりあると思います。

 

それから施術後の顔の赤みも気になっていたのですが、施術日にうっすら赤くなるくらいで次の日は普通に戻っていました。これもお肌の強さなどによってかなり結果は変わってくるでしょう。

まとめ

メンズヒゲ脱毛について、施術の流れと痛みについてまとめてみました。効果についてはまだ2回目なので正直なところ実感までできていません。

1回やった後にかなり時間を置く必要があることと、痛みが強いことを考えると、結構途中で挫折してしまう人がいるんじゃないかなぁと個人的には思いました。

私はこのまま続けていくつもりです。

 

関連エントリー

【画像あり】30代男性が履くだけ簡単角質ケアを使って足の皮をベロベロにはがしてみた - イケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

んだば、まだ。

猫の日くらい猫で癒されていったらいいじゃない!

皆様、こんにちは。

このブログを書いている2月22日はなんと猫の日であります。最近、ブログの名前に猫と入っている割には猫が登場しないじゃないか、お前の自分語りばっかり見に来てるんじゃないんだぞ!という苦情を多方面からいただいておりまして大変申し訳なかったのですが、本日はせっかくの猫の日ということでうちの猫の画像を大放出します

ちなみに名前は「にゃー」ちゃんです。

世の中なんやかんやで大変ですが、癒されていってくださいませ。

活動編

基本ぐうたらしていますが、まずはうちのにゃーの活動編をご覧ください。

 ねずみを見る猫

こちらはねずみのおもちゃに興味津々です。本物は見たことがないはずですが、ねずみのおもちゃへの食いつきは凄い。

 

じこはおこるさ

ソドー島に巨大猫が現れて大混乱。パーシー逃げて!

 

じこはおこるさ2

じこはおこるさ……

 

キャットタワーから

こんにちは。キャットタワーから覗いてみました。なんかクレーム言ってます。多分もっと遊べってことですねこれは。

 

野良猫

どうも僕です。

 

あ、これ野良猫でした。

ちゃっかり編

猫はなんでこんなところにいるの?っていうことがよくありますが、そんな様子をまとめてみました。

ダンボール猫

定番段ボール!実はこの写真は前のエントリーの使い回しです。

段ボールと猫の相性の良さは異常 - イケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

 

段ボールからおもちゃ

猫じゃらしで遊んであげるとたまに遊びます。

 

洗濯ネット

洗濯カゴっていうやつかな?なんかドヤ顔で入ってますが。どうやって入ったんですかね?そしてどうやって出るつもりなんですかね?

 

タンスに入る

勝手にタンスに入らないでください!服を押しのけてくつろがないでください!

これについても以前詳しく書きました。力作です。

タンスネコ - イケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

 

布団と布団の間から

どこいったかわからなくなって色んなところを探したら、押入れの奥にしまってあった布団の間に挟まってました。行方不明は困るから返事くらいして!

 

ソファでくつろぐ

元々人間が使おうと思って買ったものは、だいたい使われます。まぁでも気持ちよさそうだからいいか。

ぐうたら編

さぁそして最後はぐうたら編です。

床暖房気持ちいい

床暖房が気持ちいいのか、だんだん仰向けになっていきます。全く警戒心がありません

 

気持ちよさそうにねる猫

ちょっとアップで撮ってみました。カリン様みたいな目になってます。

 

パズルマットと猫

テーブルの下を覗いたら、パズルマットの上でくつろいでいます。パズルマットは爪とぎに使われてボロボロっす。

 

上でもくつろぐ

高いところでもお気に入りを見つけてぐうたら。

 

ものを乗せてもぐうたら

おでこにガムシロップを乗せてみましたが、動じません。でも文句は言ってました。

 

ぬいぐるみにまぎれる

何か似たような素材のところでカモフラージュしながらぐうたらしています。そんなにバレたくなかったんでしょうか。

これも以前書きました。

動くぬいぐるみ - イケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

 

枕が欲しい

これ、たまにやるんですけど、枕にちょうど良さそうなものがあれば枕にして寝ます。でもこれだけ四角いのを枕にして違和感ないんでしょうか!?

 

ぐうたらしたいのに

最後はぐうたらしたいのにぐうたらさせてくれない絵でおしまいです。「あにきぃ!ついていきますぜ!」って感じですね。

これからも仲良く育ってください。

まとめ

最近このブログでは活躍が少なかったので、猫の日ということもありにゃーさんフォルダから大放出させてみました。

毎月22日は猫定例にしようか検討中です。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

んだば、まだ。

パパが保育園のお迎えに行くと絶望の連鎖が始まる

2歳 保育園 子育て

皆様、こんにちは。

妻が職場に復帰してから息子の保育園の送り迎えを分担して行っている日々を過ごしていますが、最近妻の仕事が忙しくなったり、飲み会に参加したりで私が迎えに行く回数が結構増えてきています。

ただ、もう心が……心が折れそうです。そんなパパの切ない叫びを書かせてもらおうと思います。

お迎えの態度の格差

私の悩みは何かというと、パパとママがお迎えに行った時の息子の態度の違いです。

もちろん、ママが行った時には良い反応をし、パパはその逆なんです。実際にママが迎えに行ったところを見たことはないのですが、話に聞く限りだとこれは気のせいではないみたい、というか絶対気のせいではないはず。

 

なぜならあからさまに違うからです……

パパが迎えに行った時の反応

じゃあ具体的にどんな反応をするの?っていうのを挙げてみます。

その1:荷物を落とす

まずはこれ。持っていた荷物を落とします

息子が通う保育園は、息子が遊んでいる部屋から玄関は直接見えないんですね。お迎えに行くと、息子が自分の荷物をよいしょよいしょと一生懸命に持って玄関に向かってきます。この時はニコニコで。

 

それが私を見た瞬間!

 

持っていた荷物をその場で落とします。

まるでそれは、漫画なんかでよくある、親友が自分の好きな男の子に告白して、OKを貰った場面を偶然見てしまった女子高生のように。ショックでドサッと落とすアレと同じです。漫画だとそのドサッという音で親友が気づき、見てしまった女の子は逃げますが、現実は私が逃げたいです。

ちなみに、その後その場で崩れ落ちるパターンもあります。orz...状態。これって現実でもやる人いるんですね。

その2:ママーと叫びだす

絶望で荷物を落とすパターンの他に、パパを見た瞬間に「ママー!」と叫びだすパターンもあります

これはおわかりのとおり、パパとママを見間違えたわけでもなく「なんでパパが来るんだ!ママじゃないのかー!」という叫びです。

 

パパですみません……

 

パパですが、パパですみません!!

その3:泣き出して励まされる

そして定番ですが、結局泣いてしまいます。

その後は保育士さんによる励ましが虚しく私の胸に響きます

「さっきまでニコニコだったのにねぇ」「帰ったらママがいるかもしれないよ(実際はいない)」など、息子をなだめてくれた後にガックリしている私に優しい言葉をかけてくれます。

 

保育士さん、私も息子と一緒に泣いていいですか……

f:id:kanchi_guy_nice_guy:20170221204234j:plain

どうしたらいいんですか!!

これ結構キツイです(笑)ママのお迎えを期待している分絶望が激しいのでしょうか。

最近では迎えに行く日の朝は何回も「今日はパパが迎えに行くからね!パパが行くから!」って言って聞かせているのですが、多分夕方には忘れているみたいでやっぱり絶望します

保育士さんに見られるのもなんか恥ずかしいし、たまに他の子のパパママのお迎えと一緒のタイミングになるとすげぇ恥ずかしいですよこれ!公開処刑です。下手したら誤解されるから……

 

かと言って保育園を出ると普通に戻るので、別に私のことが嫌いなわけではなくてママとの格差が酷いんだと前向きにとらえています。

これはもうちょっと頑張れという息子のメッセージだと受け取って精進します。しかしね……もうね……

 

この状況を……変えたい!!その一心で!!

 

ハアアアアアアアン!!

 

あなたにはわからないでしょうね!!

まとめ

パパが迎えに行った時に息子が絶望するので、そのことについて書いてみました。もう少し仲のいいエピソード書きたいんですけど!?普段キミには優しいはずなんですけど!?

お迎えに行く日の心はもう行く前から折れています。

大きくなったらこのエントリー見せてやる。覚えてやがれ!

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

んだば、まだ。

今だから思える、浪人して良かったことを5つ挙げていく

浪人

皆様、こんにちは。

今このブログを書いている2月は世の中では受験シーズンです。受験ではうまくいく人もいれば失敗した人ももちろん出ます。そして失敗した人の中には浪人する人もいることでしょう。

少子化の影響もあって浪人生は徐々に減っており、2010年を過ぎてからはだいたい受験生の7人から8人に1人になっていると言われ、人数でいうと10万人以下だそうです。

 

私もかつて受験に失敗し絶望の中で浪人生になりましたが、今回は自分の浪人時代のことを思い出しながら、浪人して良かったこと、浪人生のメリットだけを敢えてピックアップして書いていきたいと思います。

尚、私は田舎を出て上京し、東京で寮に住みながら予備校で1年間浪人していましたので、もしかしたら自宅浪人の人とは違う観点かもしれません。そのあたりを前提に見ていただければありがたいです。

浪人するメリット

早速ですが、浪人して良かったことを書いていきます。

自分を見つめなおすきっかけになる

恐らく浪人した多くの人がこの点に気づいたのではないかと思いますが、まず何よりも挙げたいのは、自分を見つめなおすことができるということです。

 

浪人生は今までの高校生ともこれからなるであろう大学生とも違って、いわば一時的にレールから外れた存在になります。

1年間勉強をしていく上で、自分は何のために勉強をしているのか、こんなことをして何になるのか自問自答する時期が来ます。それから半分自由な生活の中、自分だけで勉強をしなければならないので、自分の性格をしっかり把握し、目標に向かって成果を出さなければいけません。

 

その結果、実は勉強が楽しいものだと知ることができたとか、今まで理系の勉強をしてきたけど自分の本当にやりたいことは実は文系の仕事だったとか、まとめて勉強するよりも計画的に勉強する方が向いているとか、自分だけの時間が多いことで自己分析ができることは浪人していて良かったと思える点なのではないでしょうか。

これはそのままバイトの面接や就活にもうまく活かせる強みになります。

自己管理能力がつく

浪人生は勉強をしなければいけないという目標がある反面、何もしなくても誰にもバレません。自宅浪人の場合はわかりませんが、特に寮生活をしていて予備校に行かなくても誰も怒りません。

ということは1年間自分で自分を管理しなければいけないわけですから、自己管理能力がつきます。勉強だけしていても苦しくなってしまいますので、息抜きだってしなくてはいけませんし、たまにはおいしいご飯も食べたくなります。私の場合は寮生活なので洗濯も自分でやりました。

 

こんな生活を1年間続ければ、しっかり自己管理ができるようになります。

大切な仲間ができる

私個人的にここを強く言いたいのですが、やっぱり苦しいからこそ一緒に勉強する仲間の存在が力強いのは間違いないです。

 

今でも浪人生時代の友人と飲みに行くことがありますが、飲みにいくとあの頃の話題を無限に話せます。そのくらい色んなものが詰まった1年になります。

浪人時代の友人との付き合いは注意することもたくさんあるんですけど、辛くなった時にお互いに助け合うことができる、絶対にプラスになる存在だと断言できます。

納得して進学することができる

これは必ずしもそうとは言えないかもしれませんが、自分の力がどのくらいなのか1年間勉強した結果を納得して受け入れることができる可能性が高くなると私は思います。

進学する人の中には悔いが残る結果でも仕方なく大学に行った人もいます。私は現役時代国公立しか受けなかったので全落ちして問答無用で浪人しましたが、中には大学に受かっていても蹴って浪人した人が結構いました。

 

どういう経緯であれ、1年間純粋に自分の力がどれだけのものなのかしっかり勉強して受験に臨み、例え第一志望には落ちたとしても、頑張った結果を受け入れて納得して進学することができるのではないかと思います。

納得することは次に進む1歩として案外重要で、自己肯定にも繋がります。

挫折を経験できる

最後にこれを書きます。例えば高校受験を失敗した人もいると思いますので、必ずしもこれが最初の挫折ではないかもしれません。ただ、大学受験という人生でも大きなイベントに失敗することはかなりの挫折になります。

浪人になる挫折というのは、本人にとってはもの凄く大きく、世間にとってはたいしたことのないものだと思っています。とても割のいい挫折です。だって1年で元のレールに戻ることができるのですから!流石に3年以上外れるとちょっとアレですけど。

例えば就活で失敗したり、大きな仕事で失敗するよりは後々のことを考えると小さいものです。

 

寧ろ、ある意味浪人できるだけ幸せだと捉えることもできます。両親など、周りの協力がなければできませんからね。

失敗した経験というものは絶対に役立ちます。人生の中で1年くらいは寄り道したって何の影響もありません。精一杯悔しい思いをし、その思いを頑張りに変えて自分の糧にするチャンスの時期だと私は思います。

まとめ

自分が実際に浪人し、その経験から浪人して良かったことを書きました。

なぜ良かったことだけを書いたかというと、少しでも前向きに浪人というものを捉えて欲しいからです。ぶっちゃけて言えば、現役で大学に受かった方が良いに決まってます。浪人して良かったと私は思っていますが、それは自分を肯定したいからという理由も少なからずあると思うんです。

ただ、浪人すると決まったからにはいつまでも下を向いてはいられません。まずは前を向いて勉強を頑張る気持ちが大切です。

私は人生の中で1番濃かった1年を挙げるとすれば浪人生時代を迷わず選びます。そのくらい人生の転機の年だったと今になって感じます。但し、戻りたいかと言われたら絶対に絶対に戻りたくありません(笑)

 

もし間違って浪人する人がこのブログに辿り着いたとしたら、少しでも何かを感じてくれればいいなと思います。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

んだば、まだ。